在宅診療/訪問リハ

交通事故でケガをした方へ

交通事故に遭われた方に

在宅診療部

当院では交通事故に遭われた方への治療に力を入れております。 交通事故に遭われた直後では自覚症状がなく、自分は大丈夫と医師にかかることなく過ごす方がいますが、2,3日も経つと急に痛みが出てくるということがあります。
事故発生からしばらくたって痛みが出るので、違う原因だと思う方も多くいらっしゃいますが、そういった症状は徐々に悪化していくこともありますので、事故に遭われたら検査をする気持ちでも結構ですので、まずはクリニックへお越しください。スタッフ一同、精一杯対応させていただきます。

交通事故による症状

首の痛み 肩・腰の痛み 手首の痺れ 頭痛・めまい・吐き気・倦怠感

交通事故に遭ったら

交通事故に遭った場合には、あわてず落ち着いて以下の流れに沿って行動してきましょう。

  1. 1.警察へ連絡

    まずは交通事故が起きたら警察へ連絡をいたしましょう。 気が動転してしまい警察を呼ばなかったがために、事故が発生したことが証明できなくなり各種書類に必要になる“交通事故証明書”の交付が受けられなくなることがあります。
    相手が警察は呼びたくないというこもありますが、必要な書類が貰えなかった場合には、最終的に後遺症が残ってしまい、治療費や慰謝料が貰えなくなるといった事態もあり得ますので、交通事故を起こしてしまった場合にはまずは警察へ連絡をしましょう。

  2. 2.交通事故の相手の連絡先を聞きましょう。

    交通事故が起きてしまった場合には基本的には自賠責保険から治療費が支払われますので、交通事故の相手の自賠責の保険会社と連絡が取れる状態でいることが必要になってきます。
    そのため、相手の住所・氏名・連絡先・車両ナンバー・勤務先・保険会社名・任意保険に加入しているかどうかの把握が出来ているかが重要です。相手の免許証や保険証、車検証など身分を証明できるもので確認しておきましょう。目撃者を確保して証人となっていただくことや、可能であれば現場の写真を撮っておくなどして情報を確保しておくことも有効です。

  3. 3.病院へ行きましょう。

    痛みが無くても絶対に病院へ行き「 診断書 」を作成してもらいましょう。診断書が無い場合は最悪の場合には事故による怪我であることが証明できなくなってしまいます。また、鞭打ちなど数日経過してから痛みが出てくる場合もありますので、早めに受診しておくことが大事です。早期の発見と治療が治癒において重要になってきます。

  4. 4.警察に行きましょう。

    診断書を携え、再度警察へ行き確実に「 人身事故 」として処理してもらいましょう。事故発生当時どちらも怪我がなく見え、「 物損事故 」として処理されることも多くあります。物損事故として処理された場合、その事故では物損以外何も起きていない事の証明となっていまい、後日事故による症状が出てきても交通事故による怪我であるとは言えなくなってしまいます。治療費を全額負担していただけるはずが、自己負担で治療費を払うこともありえますので、確実に人身事故として処理していただきましょう。

  5. 5.治療をしましょう。

    医師のいる医療機関へ通いましょう。自賠責保険の場合には、医療機関である整形外科に通う場合には半年間において120万円までの治療費用が保障されています。また、治療日数に準じて4,200円の障害慰謝料が保障されます。さらに、症状が固定してしまい後遺症が残ってしまった場合においても整形外科に通っていた場合には後遺症診断書が貰えます。こちらの後遺症診断書は医師にしか書けないのですが、整形外科と接骨院を併用している場合には、医師が治療を全て把握できないため、治療効果を正確に把握することが出来ず、後遺症診断書を発行することが出来ない場合もありますので、整形外科のみに通うことを強く勧めます。また、整形外科の場合は症状によって、理学療法士や作業療法士という国家資格を持った機能回復・改善のプロフェッショナルがリハビリテーションのプログラムを組み、適切なリハビリを提供します。

  6. 6.交通事故の相手と示談しましょう。

    万が一、症状が固定してしまった場合には慰謝料の交渉などを行います。医師に後遺症の等級を判断していただき、それを元に金額を決めますが、等級が一つ変わるだけで数十万と金額が動いたりしますので、弁護士に相談するなどして適切な金額をもらえるようにしましょう。

当院での対応の流れ

  1. 1.受付にて交通事故の対応の説明

    受付にて

    交通事故後、
    治療に通うのは初めてか
    相手の保険会社には
    連絡が取れているのか
    当院に通うことは
    保険会社に伝えてあるのか

    を確認させていただきます。そのうえで治療費のお支払方法など各種手続きの方法を確認します。

  2. 2、問診(カウンセリング)を親身に行います。

    交通事故に遭ってしまい辛い患者様にしっかりと寄り添った親身な問診をさせていただきます。そこで交通事故の様子やどこが痛むのか、また不安に思うこと、心配事などをお聞きいたします。今後安心して治療に専念してもらえるように、不安を取り除ければと思います。

  3. 3.診察及びリハビリテーション

    交通事故発生時に痛みが発生しなくても、後日症状が悪化してしまうことも良く起きることです。レントゲンやCT、MRIなどを使って検査を行い、事故によるものであると証明するための「 診断書 」を作成します。また、症状に合わせて医師の監督のもとリハビリテーションを行います。症状に合わせて、理学療法士や作業療法士という国家資格を持った機能回復・改善のプロフェッショナルがリハビリテーションを行ったり、柔道整復師が首の牽引を行ったり、温熱療法を行ったり、マイクロウェーブを使ったりと、最適な治療・リハビリテーションをします。

  4. 4.後遺症診断書作成

    早期発見と早期治療・リハビリテーションを行うことが完治するために重要なことでありますが、発見が遅れてしまったり、治療開始が遅れたりが原因で、リハビリテーションを行っても症状がこれ以上良くならないこともあります。医師が症状固定したと判断した際には、「 後遺症診断書 」を発行いたします。こちらの後遺症診断書は医師以外に作成はできませんし、その医師がいる医療機関以外へ許可なく通っていた場合には、医師が治療効果を正しく評価できないために、発行できない場合もありますので、接骨院との併用はしないことを強くお勧めします。

治療費に関して

治療費に関して交通事故の治療費に関しては、基本的には交通事故の相手の加入している自動車保険の自賠責保険や人任意保険からお支払いされることがほとんどです。また、金銭の授受も直接保険会社と当院がやり取りを行いますので、保険会社に対して当院に通うということをお伝えいただければ、その後は患者様にご負担をかけることはございません。