診療案内
トップ診療案内骨粗鬆症 > なぜ骨が減るのか?
大和田整形外科

〒337-0053
埼玉県さいたま市見沼区大和田町 2-1284

東整形外科

〒337-0051
埼玉県さいたま市見沼区東大宮 5-34-25

骨粗鬆症/なぜ骨が減るのか?

なぜ骨が減るのか?

 骨も他の組織同様、代謝を繰り返しています。骨代謝は骨吸収と骨形成からなり、これにより骨は強さとしなやかさが保たれます。ところが何らかの要因で吸収・形成のバランスが崩れると骨の密度が低下し骨量が減ってしまい、骨粗鬆症になるのです。吸収・形成のバランスを崩す要因としては、骨を形成するカルシウムなどの栄養素や、骨代謝に関わるホルモンの分泌状態などがあげられます。
 カルシウムは骨を構成する重要な成分のひとつで、体内のカルシウムの99%は骨や歯に蓄えられます。残り1%は血液中で体の機能を正常に保つ働きをします。血液中のカルシウムは常に一定量に保たれ、不足すればその分を食物からの吸収などで補います。それでも足りないと骨から補うことになります。食物で摂取するカルシウムが不足したり、体内のカルシウム調節機能が衰えると、頻繁に骨からカルシウムが溶け出し、骨量が減ってしまいます。減った骨はほとんど元に戻りません。
 女性ホルモンのひとつエストロゲンには、骨にカルシウムを蓄える作用を促進する働きと、骨吸収を抑えるカルシトニンの分泌を促進する働きがあります。女性が閉経期を迎えると急激にエストロゲンの分泌量が減るため特に注意が必要です。女性はもともと男性に比べ骨が細いため圧倒的に骨粗鬆症になりやすいのです。なお、エストロゲンの話は男性にも無縁ではないので男女共に注意が必要です。
 男女とも骨量のピークは10代後半から20代にかけてで、30代後半ぐらいから徐々に減り始めます。女性の50代は上記の理由で減少が顕著です。年齢とともに骨量が減少するのを完全にとめることはできませんが、吸収・形成のバランスを保つことで骨量の減少スピードを緩めることはできます。

大和田整形外科、東整形外科とも随時受付